日光連山『ウィキペディア(Wikipedia)』

概要

日光連山のうち、日光市街地から奥日光戦場ヶ原の間にあって一大山塊を形成する男体山、太郎山大真名子山女峰山等の2,300m超級の山々は、広く関東平野平地部(栃木県埼玉県北東部・茨城県西部など)から遠望できるほか、奥日光奥鬼怒の山々、奥白根・前白根からも一体となった山容として見えることから、これらの山々を指して表日光連山(あるいは日光表連山)や狭義の日光連山と呼ぶことが多く、これらはまた狭義の日光火山群に属している。表日光連山の北西部には戦場ヶ原を隔てて奥日光の高峰(奥白根・前白根や金精山温泉ヶ岳、根名草山など)が在り栃木県と群馬県の県境を成すが、表日光や足尾山地の山々に隠れてしまうため広く関東平野から見えるのは奥白根・前白根の山頂部のみであり、またこれら奥日光の山々は白根火山群に属している。

男体山(2,486m)を主峰とする日光連山は、東日本有数の山塊であり日光火山群に属し関東平野の北壁をなす山地のひとつである。日光周辺及び男体山はかつて日光山と呼ばれ、勝道上人により開山されたと伝わる山岳宗教メッカでもあった。日光連山を水源とする河川として、鬼怒川支流の大谷川田川などがある。

詳細は 日光連山 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Leave a Reply